前へ
次へ

形がいびつな土地は安く買えるが将来売りにくい

狭小地と呼ばれる土地があり、さらに狭小地に建てられた住宅なども注目されています。
これまでは見向きもされなかった土地でも、立地はいいのに価格は安いからと求める人もいるようです。
小さくても形がいびつでも、狭小地の住宅の設計に慣れた建築士であれば希望の家を建ててくれるかもしれません。
狭小地や形がいびつな土地のメリットは何といても安いことでしょう。
そもそも面積が狭いことに加えて土地活用がしにくいので周辺の相場とは異なる価格になります。
購入時はメリットがあるものの将来的にその土地を手放すときのことを考えるといろいろなやまないといけないかもしれません。
安く購入した土地は当然ながら価値が低いので、将来売ろうとするときもあまり高く売れない可能性があります。
それを納得した上で買う必要があるでしょう。
ただ建物自体の評価が高ければ活用方法を示すことができ、狭くても使える土地と見てくれる買い手がいれば高く買ってくれる可能性もあります。

Page Top