前へ
次へ

技術者を増やすための場所が活気に満ちている

不動産業界ではよくある話ですが、監督する現場技術者の多くが、学校を出たばかりで、経験未熟のまま現場につくことが多いようです。
一見して、職人に適切な指示を与える能力、経験に欠けるのではないのか、そうした不安要素がありますが、最近の専門学校ではそうした経験を一通り積み重ねてから業界入りさせます。
専門学校ではネットワークも広く、戸建てからビル、公共施設や土木業にまで支援を求めることができます。
不動産業界に就・転職したいのなら、即戦力になり、どこからも必要とされる主任技術者・監理技術者の資格を取得しましょう。
そうした資格さえも、専門学校ならば支援してくれます。
発注者から直接工事を請け負い(元請け)、そのうち3千万円(建築一式工事の場合は4500万円)以上を下請け契約して施工する場合には必要となる人材です。
現場技術者と職人、どちらの技術養成の場、学校などが今、若い年代から技術をかじった経験のある者たちで活気づいています。

Page Top